更年期障害にはホルモン補充療法が用いられています

閉経をはさんだ前後の5年間にあたる更年期には、身体が自然に衰えはじめるとともに、さまざまな症状が人によってあらわれてしまいます。
それらの症状を総称して更年期障害と言いますが、更年期障害を緩和するためには、必要最小限の女性ホルモンを補充するホルモン補充療法が一般的に用いられています。

閉経をはさんだ前後の5年間にさまざまな症状があらわれることを更年期障害と言います。

更年期とは、閉経をはさんだ前後の5年間のことです。
そして、閉経にともなって女性ホルモンが低下することで、日常生活に支障がでるほどのさまざまな症状があらわれることを更年期障害と言います。
女性の場合は、閉経が近づくにつれて卵巣の機能が低下していくため、卵巣から分泌されていた女性ホルモンの量が同時にどんどん減っていきます。

更年期障害の症状を緩和するためにはホルモン補充療法がもっとも有効的と言えます。

失った女性ホルモンを補充するために、必要に応じてホルモン剤を投与することで、更年期障害を緩和することが可能となります。
加齢とともに女性ホルモンが減少していくことは自然現象なので、それ自体を押しとどめることはできません。
しかし、一気に女性ホルモンが低下した場合と比較して、必要最小限の女性ホルモンを補充し、減少する量をゆるやかにするだけでも身体の負担を軽減することが可能です。
ホルモン補充療法は、あくまでも加齢によって衰える身体の流れに抵抗するものではなく、ゆるやかに着地するためのクッションに近いイメージで考えましょう。

専門医の指示にしたがって、ホルモン剤を必要な量だけ投与することで、つらい更年期障害の諸症状を緩和することが可能となります。